屋久島耳石研究所

屋久島近海で獲れる魚の耳石を集めています

【耳石魚種一覧】

ブログのアップが追いついていませんが、採取してある耳石の一覧です。

※()内は地方名

No.1  ヨスジフエダイ(ヤマトビ)

No.2  アカタマガシラ(チレ)

No.3  ロウニンアジ

No.4  ヒオドシ

No.5  ミハラハナダイ

No.6  アマミハナダイ

No.7  キツネダイ(キツネ)

No.8  トビウオ(中トビ、秋マル)

No.9  オキナメジナ(スバチ)

No.10 ムロアジ(銀ムロ)

11.ニセタカサゴ(タカベ)

12.オアカムロ(赤ムロ)

13.アカマツカサ(マツカサ)

14.クロコショウダイ

15.キビナゴ(ザコ)

16.ヒシダイ (ウルトラマン

17.オジロバラハタ(イトアカ)

18.キハダマグロ(シビ)幼魚

19.ホオアカクチビ(クチビ)

20.カイエビス(エビスダイ)

21.キツネベラ(インノハ、インドメ)

22.ユメカサゴ(ガンド)

23.ヒブダイ(黄バチ)

24.ハチビキ (アカボ)

25.タカノハダイ(ヒダリマキ)

26.ハマダイ (チビキ)

27.ギンメダイ(ギンメ)

28.テンジクイサキ(ヒツオ)

29.ニザダイ(サンノジ、コメジロ

30.ツボダイ(ケンケン)

31.セダカハナアイゴ(バリ、エノイオ)

32.ヒレジロアナゴ

33.ムツ

34.ナンヨウキンメ(キンメ)

35.メイチダイ(シロダイ)

36.オオモンハタ(ハカマ)

37.ミナミキントキ(アカメ)

38.アオチビキ(オキノコイ、青マツ)

39.ホウライヒメジ(オトナ)

40.ホウライエソ

41.トゲハナスズキ

42.キンメダイ(東キン)

43.チカメキントキ(ヘイケ)

44.アオダイ(青ホタ)

45.ハマトビウオ(角トビ、大トビ)

46.ツクシトビウオ(時期トビ、中中)

47.アヤトビウオ(セミ

48.シロブチハタ

49.ヤンセンニシキベラ【オス】

50.アカハタ(メバル

51.ムスメベラ

52.シロタスキベラ【オス】

53.レンコダイ

54.ボロサクラダイ

55.エソダマシ

56.タキベラ(アカデ)

57.ヒメフエダイ(エビスダイ)

58.モンツキベラ

59.カボチャフカサゴ

60.ハチジョウアカムツ(キンギョ)

61.クロハタ

62.ホウセキキントキ(アカメ)

63.ニジハタ

64.マルクチヒメジ(ムラサキオトナ)

65.オジサン【幼魚】(オトナ)

66.ヒメ

67.マダイ

68.アジアコショウダイ(ココダイ)

69.ミナミクルマダイ

70.ギンガメアジエバ

71.ナンヨウツバメウオ

72.テングダイ

73.テングハギ(ツノゴメ)

74.カンモンハタ

75.メガネハギ(カワハギ)

76.ゴマサバ

77.コバンザメ

78.コバンヒメジ

79.ヒレナガカンパチ(メブト)

80.クロメジナオナガ

81.イズハナダイ

82.ハタタテヒメ

83.エボシダイ

84.アラ(スケソウ)

85.ハマフエフキ(タマメ)

86.バラフエダイ(アカナ)

87.シモフリハタ(コウカシン)

88.チョウセンバカマ

89.ヨゴレアオダイ(クロホタ)

90.ボラ

91.アオノメハタ

92.ウメイロ(キホタ)

93.アヤメカサゴ

94.ヤクシマキツネウオ(マッテンコ)

95.カンムリベラ(ノボス)

96.オオクチイシチビキ(ギンマツ)

97.フエダイ(ショービ)

98.クサカリツボダイ

99.アオブダイ(青バチ)

100.クロマグロ(ヨコワ)

101.カンパチ(アカバラ)

102.メジナ(地グロ)

103.ヒラマサ(ヒラス)

104.ニセクロホシフエダイ

105.スジアラ(アカジョ)

106.ユカタハタ(ベニジョイオ)

107.ヒトスジモチノウオ

108.イスズミ(シツオ、ヒツオ)

109.ブリ

110.ニセカンランハギ(クサゴメ)

111.ミヤコテングハギ

112.スマ(オボソ)

113.タテジマキンチャクダイ

114.ヒメダイ(イナゴ)

115.オオヒメ(クロマツ

116.スミレガレイ

117.ホシミゾイサキ

118.アオスジエビ

119.キンメダマシ

120.オニカマス 

121.アザハタ (アカアラ)

122.イソゴンベ(ガブジョ)

123.ホウネンエソ

124.ハチビキ の胃の中の魚(イワシ風)

125.ハチビキ の胃の中の魚(チゴダラ風)

126.マハタ(タカバ)

127.クラカケトラギス 

128.チャイロマルハタ(モブシ)

129.ヨリトフグ

130.シマガツオ(エチオピア

131.コトヒキ(ハマグイ、クークー)

132.オキエソ

133.シマスズメダイ

134.ヤイトハタ(モブシ)

135.ヨコシマタマガシラ

136.ミスジテンジクダイ

137.ウチワフグ

138.リュウキュウハタンポ(オオメ)

139.アイゴ(バリ、エノイオ)

140.謎のフエダイ

141.セナスジベラ【雄】

142.ゴマフエダイ(シマヒク)

143.ダツ

144.オヤビッチャ(ヘキ)

145.カタクチイワシ

146.スジハナビラウオ(ゴエンダマ)

147.アカアジ

148.バラハナダイ

149.キオビイズハナダイ

150.シマセトダイ

151.オキザヨリ(ダツ)

152.シイラ

153.ナガタチカマス

154.バラハタ(アカジョ)

155.コクハンハタ

156.クロホシフエダイ(ヒノマルショービ)

157.テンス(ナタ)

158.アカイサキ(オス)(ホタル)

159.オニテングハギ

160.ミヤコベラ

161.マルクチヒメジの体色変異(キイロオトナ)

162.チカメタカサゴ

163.クロアナゴ

164.チョウチョウウオ

165.カスミアジ(青エバ

166.ウメイロモドキ

167.サザナミダイ(ホドロキ)

168.タスキモンガラ

169.シマアオダイ(白ホタ)

170.ヒブダイ(黄バチ)雌

171.ソウシハギ

172.マエソ

173.メダイ(タルメ)

174.キツネウオ

175.アカモンガラ(エイケン、ドラキュラ)

176.クロシビカマス(スミヤキ)

177.ホシゴンベ

178.ヤマトミズン

179.カサゴ

180.ウッカリカサゴ

181.サクラダイ

182.ヒラスズキ

183.シマヒイラギ

184.イヌカサゴ

185.ミナミクロダイ

186.ナンヨウカイワリ

187.チャバネトビウオ(赤トビ)

188.カラストビウオ(青トビ)

189.オオメナツトビウオ(シラバネ)

190.ホソトビウオ(クチトンガリ

191.アカムツ

192.サンコウメヌケ

193.コバンアジ

194.ヘダイ

195.ヒメツバメウオ

196.アカトビ(アカ)

197.クロサギ

198.トウザヨリ(ヨンゲ)

199.トゲダルマガレイ

200.クロダイ(チヌ)

201.イシダイ(サンバソウ)

202.ヤリカタギ

203.ツマリトビウオ(サガマ)

204.ホソアオトビ(アオ)

205.ブリモドキパイロットフィッシュ)

206.オキアジ

207.ホシセミホウボウ

208.ミナミメダイ(ナガメダイ)

209.ウルメイワシ

210.ヤマブキハタ

211.イシフエダイ

212.ロウソクチビキ

213.アカハナ

214.ホウセキハタ(ハカマ)

215.サンマ 

216.クロスジコショウダイ

217.オシャレコショウダイ

218.ハナフエダイ(ビタロー、ホタル)

219.ヒトミハタ

220.ノトイスズミ(クロヒツオ)

221.ブダイ(♂モハミ)

222.アカカマス

223.イトヒキアジ(カガミエバ

224.イシガキダイ(ヒサ)

225.モンガラカワハギ

226.シキシマハナダイ

227.バケムツ

228.シマアジ

229.テリエビス

230.イソフエフキ

231.ナミフエダイ(青ショービ)

232.オキフエダイ(キンタ)

233.スギ

234.クマドリ

235.タイワンカマス

236.タチモドキ

237.ホシテンス(キヨミズの青)

238.カメンタマガシラ

239.ズナガアカボウ

240.ホホスジモチノウオ

241.クラカケエビス

242.キヌベラ(ネノムシ)

243.ゴマモンガラ

244.ツノダシ

245.キンメヒメダイ

246.マルヒラアジ

247.センニンフグ

248.ムネアカクチビ

249.ロクセンフエダイ

250.ベンガルフエダイ

251.コガネスズメダイ

252.ウチワフグ

253.カマスサワラ(サワラ)

254.アオヤガラ(フェンド)

255.スジベラ

256.インドヒメジ(オトナ)

257.クマノミ

258.イソモンガラ

259.オキナヒメジ(オトナ)

260.リュウキュウアカヒメジ(オトナ)

261.イトヒキオキハギ

262.ミツバモチノウオ

263.ヒレナガハギ

264.トサカハギ

265.ニセテングハギ

266.クギベラ

267.ヒシヨロイアジ

268.イサキ

269.ギンユゴイ

270.アミメウマヅラハギ

 

ーーーー

2021.2.11

 

 

 

 

五十音順リスト

アイゴ バリ、エノイオ
アオスジエビ  
アオダイ アオホタ
アオチビキ アオマツ
アオノメハタ  
アオブダイ アオバチ
アカアジ  
アカイサキ(オス) ホタル
アカカマス  
アカタマガシラ チレ
アカトビ アカ
アカハタ メバル
アカハナ  
アカマツカサ マツカサ
アカムツ  
アカモンガラ エイケン、ドラキュラ
アザハタ アカアラ
アジアコショウダイ  
アマミハナダイ  
アヤトビウオ セミトビ
アヤメカサゴ  
アラ スケソウ
イシガキダイ ヒサ
イシダイ  
イシフエダイ  
イスズミ シツオ、ヒツオ
イズハナダイ  
イソフエフキ  
イトヒキアジ カガミエバ
イヌカサゴ  
ウチワフグ  
ウッカリカサゴ  
ウメイロ キホタ
ウメイロモドキ  
ウルメイワシ  
エソダマシ  
エボシダイ  
オアカムロ 赤ムロ
オオクチイシチビキ ギンマツ
オオヒメ  
オオメナツトビウオ シラバネ
オオモンハタ ハカマ
オキアジ  
オキエソ  
オキザヨリ ダツ
オキナメジナ スバハチ
オキフエダイ キンタ
オジサン オトナ
オシャレコショウダイ  
オジロバラハタ イトアカ
オニカマス  
オニテングハギ  
オヤビッチャ ヘキ
カイエビス エビスダイ
カサゴ  
カスミアジ エバ
カタクチイワシ  
カボチャフカサゴ  
カラストビウオ 青トビ
カンパチ アカバ
カンムリベラ  
カンモンハタ  
キオビイズハナダイ  
キツネウオ  
キツネダイ キツネ
キツネベラ インノハ、インドメ
キハダマグロ シビ
キビナゴ ザコ
ギンガメアジ  
キンメダイ 東キン(トウキン)
ギンメダイ ギンメ
キンメダマシ  
クサカリツボダイ  
クマドリ  
クラカケトラギス  
クロアナゴ  
クロコショウダイ  
クロサギ  
クロスジコショウダイ  
クロダイ  
クロハタ  
クロホシフエダイ ヒノマルショービ
クロマグロ ヨコワ
クロメジナ  
コクハンハタ  
コトヒキ  
コバンアジ  
コバンザメ  
コバンヒメジ  
ゴマサバ  
ゴマフエダイ シマヒク
サクラダイ  
サザナミダイ ホドロキ
サンコウメヌケ  
サンマ  
シイラ  
シキシマハナダイ  
シマアオダイ 白ホタ
シマアジ  
シマガツオ エチオピア
シマスズメダイ クロヘキ
シマセトダイ  
シマヒイラギ  
シモフリハタ コウカシン
シロタスキベラ(オス)  
シロブチハタ  
スギ  
スジアラ アカジョ
スジハナビラウオ ゴエンダマ
スジミゾイサキ  
スズキ  
スマ オボソ
スミレガレイ  
セダカハナアイゴ バリ、エノイオ
セナスジベラ【雄】  
ソウシハギ  
タイワンカマス  
タカノハダイ ヒダリマキ
タキベラ アカデ
タスキモンガラ  
タチモドキ  
ダツ  
タテジマキンチャクダイ  
チカメキントキ ヘイケ
チカメタカサゴ  
チャイロマルハタ モブシ
チャバネトビウオ 赤トビ
チョウセンバカマ  
チョウチョウウオ  
ツクシトビウオ 時期トビ、中中(チュウチュウ)
ツボダイ ケンケン
ツマリトビウオ サガマ
テリエビス  
テングダイ  
テングハギ  
テンジクイサキ ヒツオ
テンス キヨミズ
トウザヨリ ヨンゲ
トゲダルマガレイ  
トゲハナスズキ  
トビウオ 中トビ、秋マル
ナガタチカマス  
謎のイワシ  
ナミフエダイ 青ショービ
ナンヨウカイワリ エバ
ナンヨウキンメ キンメ
ナンヨウツバメウオ  
ニザダイ サンノジ
ニジハタ  
ニセカンランハギ クサゴメ
ニセクロホシフエダイ  
ニセタカサゴ タカベ
ニセタカサゴ  
トイスズミ クロヒツオ
バケムツ  
ハチジョウアカムツ キンギョ
ハチビキ アカボ
ハチビキの胃の中の魚  
ハチビキの胃の中の魚2 チゴダラ風
ハナフエダイ ビタロー、ホタル
ハマダイ チビキ
ハマトビウオ 角トビ、大トビ
ハマフエフキ タマメ
バラハタ アカジョ
バラハナダイ  
バラフエダイ アカナ
ヒオドシ  
ヒシダイ  
ヒトスジモチノウオ  
ヒトミハタ  
ヒブダイ  
ヒブダイ(メス) 黄バチ
ヒメ  
ヒメダイ イナゴ
ヒメツバメウオ  
ヒメフエダイ エビスダイ
ヒメぽい未同定  
ヒラマサ ヒラス
ヒレジロアナゴ  
ヒレナガカンパチ メブト
フエダイ ショービ
フエダイ属の一種  
ブダイ モハミ
ブリ  
ブリモドキ パイロットフィッシュ
へダイ  
ホウセキキントキ アカメ
ホウセキハタ ハカマ
ホウネンエソ  
ホウライエソ  
ホウライヒメジ オトナ
ホオアカクチビ クチビ
ホシゴンベ  
ホシセミホウボウ  
ホソアオトビ アオ
ホソトビウオ クチトンガリ
ボラ  
ボロサクラダイ  
マエソ  
マダイ  
マハタ タカバ
マルクチヒメジ ムラサキオトナ
マルクチヒメジの体色変異 キイロオトナ
ミスジテンジグダイ  
ミナミキントキ アカメ
ミナミクルマダイ  
ミナミクロダイ  
ミナミメダイ ナガメダイ
ミハラハナダイ  
ミヤコテングハギ  
ミヤコベラ  
ムスメベラ  
ムツ  
ムロアジ ムロ
メイチダイ シロダイ
メガネハギ  
メジナ 地グロ
メダイ タルメ
モンガラカワハギ  
モンツキベラ  
ヤイトハタ モブシ
ヤクシマキツネウオ  
ヤマトミズン  
ヤマブキハタ  
ヤリカタギ  
ヤンセンニシキベラ(オス)  
ユカタハタ  
ユメカサゴ ガンド
ヨコシマタマガシラ  
ヨゴレアオダイ クロホタ
ヨスジフエダイ ヤマトビ
ヨリトフグ  
リュウキュウハタンポ オオメ
レンコダイ  
ロウソクチビキ  
ロウニンアジ  

【採取失敗】アカヤガラ

じいじが釣ってきたアカヤガラ

全長178センチぐらい

f:id:yakushima_jiseki:20200427140241j:image
f:id:yakushima_jiseki:20200427140228j:image
f:id:yakushima_jiseki:20200427140233j:image
f:id:yakushima_jiseki:20200427140237j:image

個性的な尾鰭を持つオシャレさん

 

漁師さんが捌いてくれたのだけど、食べるのは真ん中だけがうまいぞ、とのこと。
f:id:yakushima_jiseki:20200427140219j:image

 

そしてなんと凄い脂!
f:id:yakushima_jiseki:20200427140223j:image

 

胃の中からは15センチぐらいのヒメのようなエソダマシのような魚が入っていました。
f:id:yakushima_jiseki:20200427140215j:image

 

身は塩胡椒と酒を振って唐揚げに

f:id:yakushima_jiseki:20200427140722j:image

この骨のところをハーモニカのようにして食べるのが美味しいと聞いて二度揚げしたら、めっちゃサクッサクでした

しかし耳石は見つけることができず、アカヤガラ二連敗中。。。

103センチで1.8ミリの耳石なら、今回もう少し大きいはずなんだけどな。散々隅々まで探したけど見つけられなかったので、また挑戦してみます👊

f:id:yakushima_jiseki:20200427140946j:image

 

はじめに

 

はじめまして

このブログは、屋久島在住の私が集めている耳石の記録です。

屋久島耳石研究所などどたいそうな看板をあげてしまいましたが、ただの漁師の嫁の趣味です。

 

近海で獲れる魚を中心に、島内で購入できる国内の魚なども交えてアップしています。

標準和名と、屋久島の安房(あんぼう)地区のさらに一部の漁師さんしか呼ばないような地方名を記しています。

また、魚種豊富な屋久島なので、似たような類がたくさんおり、間違った同定をしていることがあると思います。

例えば、ベラやブダイ系など、普段食卓に登らない、あまり馴染みのない魚もです。

そんな時は、そっと優しく教えてくださいね。

よろしくお願いします。

 

 

耳石ハントは2018年9月に始めたばかりの駆け出しハンターです。同じ趣味をお持ちの皆さんのアドバイスや、情報交換もできたら嬉しいです。

 

プロフィール画像は、夜光貝で作ってもらったアオチビキに見える気もしないハマダイ (チビキ)です。目は黒蝶貝の2色使いでリアルな瞳を再現しています。

f:id:yakushima_jiseki:20181031225037j:image

 

 

よろしくお願いいたします。

【耳石採取失敗魚一覧】

こちらは耳石採取に失敗した魚の覚え書きです。

再度チャレンジして採れた魚は、このリストから消していきます。どんどん減っていきますように。

🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟🐟

バショウカジキ

カワハギ

ラニ

ヘラヤガラ

ミギマキ

マルソウダ

サンマ

 

【No.10】ムロアジ(ムロ)

f:id:yakushima_jiseki:20181101225908j:image

 

漁師家庭におけるムロアジは、釣りの餌という位置にあるので、餌の残りが生け簀で生きていたら食べられる、そんな存在なんです。

 

ちなみにこの時のムロは、バショウカジキ釣りの旗流し漁に一度使われたものの対象魚に喰われず、弱り始めているもののまだ死んでいなかったムロでした。

有り難く手を合わせて命をいただきましたが、残念ながら耳石は欠けてしまいました。

f:id:yakushima_jiseki:20181031215225j:image

 

ムロと呼びつつも、モロだったりクサヤモロだったりムロアジだったり、混在しているのでしっかりと確認してみます。

 

 

【No.9】オキナメジナ(スバハチ)

標準和名オキナメジナ

f:id:yakushima_jiseki:20181031212959j:image

屋久島で釣れるメジナ類の中で一番唇が厚いから、こちらの方言でたらこ唇を指すスバハチと夫などが呼びますが、これは地方名というよりはあだ名ですね。

ちなみに義父は、ゴクラクメジナと呼びます。

多分ですが、ゴクラクハゼと混じって記憶してるのではないかと推測してます。

 

そんなオキナメジナの耳石は、

f:id:yakushima_jiseki:20181031213247j:image

この形は、、、あっ、、、

カニの爪タイプですね。🦀

ちなみに、私の持っている資料の中で、標準和名メジナの耳石が載っていたのですが、なんとカニ爪タイプではありませんでした。

f:id:yakushima_jiseki:20181031213524j:image

比較してみるとわかりやすいですね。

メジナは、標準和名メジナ、クロメジナオキナメジナと3種類いるのですが、この図のメジナはクロメジナなのでしょうね。

クロメジナが釣れたら比べてみることにします。